東京熱データベース

現在のページ:東京熱データベースTOP > 撮りおろし徹底陵辱ビデオ > n0450 炉メイド嬲姦膣肉崩壊糜爛汁

炉メイド嬲姦膣肉崩壊糜爛汁 所有動画 WMV: MP4:


この作品へコメントする:
再生位置: 指定位置から再生するリンクを作成します

作品紹介

本日の撮りおろし徹底陵辱ビデオはムッチャ可愛い!水澤このみ 『炉メイド嬲カン膣肉崩壊糜爛汁』 を 1280x720のハイビジョン画質でお送りいたします。ミニモニも真っ青、150cmで激カワイイ水澤がメイドとしてとある大邸宅で働くことに...。プールサイドでご主人様へフェラチオや生ハメでご奉仕するのは当たり前、そのまま野外中出しをキメられる水澤。更には執事達に鬼畜玩具で強制的に逝かされる執拗なメイド教育。もちろんそれだけでは終わらない。淫語を言わされながら何人もの執事にガンガンに突かれまくる嬲り輪カンで息も絶え絶え。最後には礼節を重んじる家ならではの『連続中出し御礼言わせ』で炉系小型肉便器に。すでに今年度、炉系エジキNO.1の呼び声も高い水澤。そんな極上エジキをコレでもかと犯しまくる鬼畜どもが羨ましくてなりません!悔しいですがコレは必見です!☆

作品詳細

  何人もの使用人が働く大邸宅にメイドとして採用された水澤は早速執事から屋敷での厳しいルールを叩き込まれる。御主人様には絶対服従で最低一か月は辞める事が出来ない。 執事の前で着替えるよう指示され躊躇しながらメイド服に。そしてプールサイドで日光浴する御主人様に挨拶。直後スカートを捲り上げられ戸惑う。 さらにパンティを脱ぐよう指示され自ら開脚してオマンコを露わに。指マンされながら肉体奉仕の心得を教え込まれる。そしてまずはフェラチオ奉仕。 サオを丁寧にしゃぶらされタマも舐め懸命に奉仕。続いて自ら御主人様の上に跨りM字開脚騎乗位で生ハメ。オマンコから白濁した愛液が噴出。 座位、屈曲位、正常位、バック。陰毛を伝い下に垂れる白濁愛液が卑猥だ。そして正常位で生中出し。締りの良いオマンコに御主人様は大満足。 しかしマンコの具合が良いだけではだめ。色々と仕事を覚えはやく一人前になるよう叱咤される。事後素質はあるがまだまだ調教が足りないとの報告が執事に。

  執事は早速調教に取り掛かる。そして水澤は開脚ポーズでオマンコ全開の後強制指マンされる。続いてローターを膣穴に捻り込まれクリトリスも同時に刺激され愛液噴出。 直後バイブで執拗に責められクリが肥大。続いて四つん這いで極太バイブがズブリ。締りが良く狭い小振りマンコの拡張が始まる。ゴリゴリと激しくピストンされ悶絶。 直後開脚ポーズで電動アンマ器が押し当てられる。クリトリスを集中的に刺激され悶えまくり。激しく暴れて無理矢理イカされる。直後クスコがズブリ。子宮口を露わにされる。 クスコを膣肉が強く締めつける光景は大迫力。チンポを強く締め付ける良いマンコは肉メイドの素質充分。鍛え具合によっては飛躍的に成長し極上マンコになるのは確実だ。 続いて生チンポを口内に放り込まれ強制仁王立ちフェラ。Wフェラや3本同時に舐めさせられても慌てず対応。フェラテクも良い感じの仕上がりを見せている。

  直後正常位で生チンポがズブリ。屈曲位、バック、背面騎乗位。白濁愛液が噴出。淫語を何度も言わされながらハメまくられる。そして騎乗位で中出し。直後バックで2本目がズブリ。 そして精液注入。膣口パックリ。肉ビラも変形している。直後3本目が正常位でズブリ。激しく突きまくられた水澤は中出しを懇願。直後中出し。調教もいよいよ最後の段階。 開脚ポーズでマンコを自ら拡げる水澤の周りに他の使用人達が集まる。そして次々とチンポを捩じ込み膣内射精強行。合計8発の精液が注ぎ込まれマンコはドロドロ。 水澤は射精される度にお礼の挨拶。肉メイドは礼儀が大切だ。直後様子を見に来た御主人様のチンポがズブリ。グチョグチョの膣内を掻き回され悶絶。 中出しメイドの奉仕心得を改めて徹底的に叩き込まれる。最後は開脚ポーズでバイブオナニーしながら御主人様を誘う水澤の姿が…。

  短時間の成長に御主人様も感激。しかし飽きるのもはやかった。 翌日には邸内から水澤を運び出す女体回収業者の姿が。解雇理由はプールサイド掃除の不徹底。御主人様は肉メイドに超一流の肉体奉仕を望む以上に掃除には人一倍煩かったらしい。

関連作品

炉メイド嬲姦膣肉崩壊糜爛汁所有動画 WMV: MP4:

炉メイド嬲姦膣肉崩壊糜爛汁のパッケージ画像
作品番号:n0450
公開日:2009/07/17
出演者:水澤このみ
ファイルサイズ:WMV 2.71GiB / MP4 2.52GiB
シリーズ:撮りおろし徹底陵辱ビデオ
コスチューム:ホット・ショートパンツ系 メイド/萌え系
シチュエーション:野外 淫語
プレイ内容:スパンキング 膣内器具
精液責め:

このページの先頭に戻る