東京熱データベース

現在のページ:東京熱データベースTOP > 撮りおろし徹底陵辱ビデオ > n0252 高飛車美人教師精液轟沈

高飛車美人教師精液轟沈 所有動画 WMV: MP4:


この作品へコメントする:
再生位置: 指定位置から再生するリンクを作成します

作品紹介

大変お待たせいたしました!本日の撮りおろし徹底陵辱ビデオはとある事情で配信が遅れてしまった原田友美の 『高飛車美人教師精液轟沈』 をお送りいたします。なぜ遅れたかは詳しくお知らせできませんがツンとすましたスレンダー美人が鬼畜どもにトコトン中出しされ汚い精液を口やオマンコに詰め込まれるんですからタマリマセン!まあ木村が色々大変だった、ということは確かですがwww

作品詳細

 今日も友美は勉強の出来ない生徒達を馬鹿呼ばわり。早々に授業を切り上げる。しかし授業後一人の生徒に近づいて猫撫で声。この生徒の父親から息子をよろしくと多額のお金を貰っているからだ。友美は早速生徒のチンポをフェラチオ。仁王立ちフェラで亀頭を丁寧にペロペロ。玉舐めの後激しく手コキ。ビンビンに勃起したチンポから精液が放出される瞬間パクリ。精液を全て搾り取った後泡を吹く精液を口から手の平に垂らす。そこに生徒の父親が現れ性欲処理を依願。友美はさらに上乗せしての援助を提示され快く承諾。早速ベッドでプレイを開始する。男の乳首を舐めた後亀頭の先に舌を這わせ根元まで咥え込みねっとりフェラ。続いてシックスナイン。既にビショビショのマンコは激しい指マンに白濁した愛液を溢れさせる。続いてM字開脚騎乗位で生チンポ挿入。結合部分を見せ付けられる。背面騎乗位、正常位と展開し大量の愛液が噴出。中出しに抵抗するも屈曲位で精液強制注入。友美はマンコに力を入れ膣肉をヒクヒクさせ精液排泄。さらに膣内を指で掻き回され精液を穿り出される。

 後日友美は授業中テストの点数が悪いと生徒達を厳しく叱責。しかし授業の後生徒達の父兄3人が教室に乱入。友美に詰め寄る。父兄達は自分の息子が友美に苛められたと主張。さらにお金を貰い特定の父兄に身体を提供していると激怒。友美に襲い掛かり服を脱がす。友美は直ぐに開脚ポーズでマンコ全開。膣穴にローターを突き入れられ愛液を垂れ流す。続いてバイブ責め。マンコにバイブを挿入され別のバイブでクリトリスをグリグリされ悶絶。さらにバイブを2個同時にマンコに捻り込まれ強制的にイカされる。次に立ちバックポーズでバイブ責め。バイブが出し入れされている自分のマンコを見せ付けられる。続いて超極太バイブ強制挿入。事後パックリと拡がったマンコにクスコが挿入される。白濁した愛液がこびり付く膣壁を晒された後強制フェラチオ。後頭部を押さえ付けられ喉の奥深くまでチンポを突き刺される。次に3本同時に舌でしゃぶらされる。怒りの収まらない男達は友美をマットの上に押し倒し輪カン開始。正常位、バック、背面騎乗位と展開。マンコにチンポを埋められ口もチンポで塞がれる。1発目は女性上位で生中出し。直ぐに2本目がズブリ。正常位で精液強制注入。続いて3本目が生カン。膣口に逆流する精液を膣内に押し戻し屈曲位で生中出し。濃厚精液が溢れ出す。

 次に友美に罵倒された生徒達が集結。連続中出しでグッタリする友美の顔面に合計6人が精液放出。射精後のチンポを口の中に放り込まれ精液をしゃぶり取らされる。続いて強制マンぐりポーズ。パックリと開いたマンコ目掛け合計6人が精液発射。マンコ周辺に零れた精液が指で膣内に押し込まれる。ラストは放尿。バスルームに座り自らマンコを指で拡げ排尿。大量の尿が勢いよく迸る。

 生徒や父兄の前で情けない痴態を曝け出した友美はこの日を境に毎日生カンされる慰み者になります。罵倒されなくなった生徒達は学校が好きになり下半身もすっきり。成績もアップ。毎月一度の父兄参観日には生徒と父兄入り乱れて友美を輪カン。共通の肉奴隷を持つことで親子関係も良好。今では皆が友美先生に感謝しています。

関連作品

高飛車美人教師精液轟沈所有動画 WMV: MP4:

高飛車美人教師精液轟沈のパッケージ画像
作品番号:n0252
公開日:2007/08/28
出演者:原田友美
ファイルサイズ:WMV 1.85GiB / MP4 2.11GiB
シリーズ:撮りおろし徹底陵辱ビデオ
コスチューム:女性用スーツ 女教師
シチュエーション:学校教室
プレイ内容:イラマチオ 膣内器具
精液責め:精液流し込み 胸にぶっかけ

餌食牝 原田友美所有動画 WMV: MP4:

餌食牝 原田友美のパッケージ画像
作品番号:k0073
公開日:2008/03/17
出演者:原田友美
ファイルサイズ:WMV 1.26GiB / MP4 1.39GiB
シリーズ:チーム木村
コスチューム:カジュアル
シチュエーション:
プレイ内容:オモチャ責め
精液責め:

このページの先頭に戻る