東京熱データベース

現在のページ:東京熱データベースTOP > 撮りおろし徹底陵辱ビデオ > n0230 綺麗なお顔が歪みに歪む

綺麗なお顔が歪みに歪む 所有動画 WMV: MP4:


この作品へコメントする:
再生位置: 指定位置から再生するリンクを作成します

作品紹介

本日の撮りおろし徹底陵辱ビデオはお待ちかね色白美乳美人、長谷川亜矢の 『綺麗なお顔が歪みに歪む』 を配信です。しかしまあ、折角美人に生まれたのになんで東熱なんですかねぇ??良く似ている田中美奈子はアイドルの人生だったのに...。ザーメン塗れで過呼吸起こしてもがいてる姿はあまりにも悲惨、15連発の流し込み精液が膣肉の痙攣で排泄できないところなんざ惨め過ぎますw

作品詳細

 朝早いフライトで出掛けようとする亜矢に彼氏がちょっかいを掛ける。海外へのフライトで一週間会えなくなるのでその前に亜矢の身体を貪りたいのだ。拒む亜矢にディープキス。乳首を弄くり開脚ポーズでオマンコグリグリ。少しの指マンで亜矢はイッてしまう。スケベな女だ。続くクリ弄りでも再度イカされ肉ビラパックリ。そして亜矢は彼氏のチンポを自らパクリ。ピンサロフェラの後屈曲位で生本番。騎乗位、背面騎乗位で突かれ絶叫。チンポをハメられたままイカされる。直後深々とチンポを突き入れられ大声で喘ぐ。バック、屈曲位と進み生中出し。ヒクヒクするオマンコからザーメンが垂れ落ちる。仕事に行くはずがセックスに没頭し遅刻してしまう。

 ミーティングの最中に遅刻や仕事のミスの事で機長に叱責される。反省が見られない亜矢に再教育が行われる事に。まず強制フェラ。機長始め副機長、整備士等4本のチンポを次々にフェラ強要。亜矢は苦しくてよだれを大量に滴らせる。 続いて大股開きでパンストを破かれ開脚ポーズでオマンコ全開。さらにバイブ&ローター責めでオマンコをグショグショにしてイカされる。直後バックスタイルでイボイボバイブをぶち込まれ口から大量のよだれを垂れ流してイッてしまう。さらに開脚ポーズでクリトリスをローターで弄くられ連続してイカされる。何度もイク淫乱なオマンコにクスコが差し込まれ屈辱の子宮口晒し。子宮口に白濁した愛液が纏わり付く。

 第2弾はベッドに移動しての生チンポ教育。正常位で生カンされ激しいピストンでイカされる。イッた直後のオマンコに側位でチンポを捩じ込まれ絶叫。その後バックで生ハメされ悶絶。何度もイカされ呼吸困難に陥るほど喘ぎまくり目の焦点は定まっていない。さらにチンポを深々とストロークされ子宮口に激しい刺激を受けた亜矢は大絶叫。女性上位、背面騎乗位で容赦無く突きまくられた後一発目が正常位中出し。精液が垂れるなか2本目が屈曲位で即生挿入。気が狂ったように絶叫する亜矢の膣内にザーメン強制注入。亜矢は全身を痙攣させ悶えながら精液を逆流させる。直ぐに3本目が生挿入。ザーメンと白濁愛液でグチョグチョのオマンコに中出し。亜矢は意識朦朧状態。

 大開脚でオマンコを自ら拡げ放尿。パックリ大きな穴を覗かせる膣口の上部から尿が迸る。再教育はまだまだ続く。マングリポーズをとる亜矢のオマンコに空港で働くスタッフが次々に精液発射。15人分の大量ザーメンが膣内部に流し込まれる。膣口に溜まったザーメンがブクブクと泡を立てながら膣奥に飲み込まれる光景の卑猥さは最高。膣口の外に漏れたザーメンは指で膣内に押し込まれる。

 そして恒例抱え上げてのザーメン強制排泄。しかし使用の限界を超えたためか膣肉が痙攣。オマンコからは少量のザーメンが逆流するのみ。その後立ちポーズで踏ん張るもザーメンは少ししか排泄されず。オマンコをザーメンまみれにしながら痛々しく立ち尽くす亜矢に再教育は彼氏からの依頼だということが告げられる。さらに今日限りでクビという通告。亜矢は彼氏に裏切られ仕事も失う。絶望的な状況でもオマンコを弄くられたら亜矢はまた直ぐにイッてしまうでしょう。女はオマンコだけの生き物だということを再認識する濃い作品でした。

関連作品

綺麗なお顔が歪みに歪む所有動画 WMV: MP4:

綺麗なお顔が歪みに歪むのパッケージ画像
作品番号:n0230
公開日:2007/06/12
出演者:長谷川亜矢
ファイルサイズ:WMV 1.91GiB / MP4 2.14GiB
シリーズ:撮りおろし徹底陵辱ビデオ
コスチューム:黒パンスト系 スッチー
シチュエーション:
プレイ内容:イラマチオ 膣内器具
精液責め:精液流し込み ぶっかけ

餌食牝 長谷川亜矢所有動画 WMV: MP4:

餌食牝 長谷川亜矢のパッケージ画像
作品番号:k0049
公開日:2007/12/24
出演者:長谷川亜矢
ファイルサイズ:WMV 1.18GiB / MP4 1.33GiB
シリーズ:チーム木村
コスチューム:カジュアル
シチュエーション:
プレイ内容:オモチャ責め
精液責め:

このページの先頭に戻る