東京熱データベース

現在のページ:東京熱データベースTOP > 東京熱情報 > 真性中出し検証

真性中出し検証

東京熱(TOKYO HOT)」の最大のウリ「生中出し」は擬似ではなく果たして本当に「真性」なのかを徹底検証します。

無修正AVでも擬似中出しが横行している現在

インターネットの普及で無修正AVが誰でも手軽み見れるようになった現在でも擬似中出しが横行しているのが実情です。無修正なので「生ハメ」していることを確認するのは用意ですが、真性中出しかどうかを見極めるのはなかなか困難です。中出し直前にカット割が入るような作品はほぼ100%擬似中出しだと言っていいでしょう。

そんな現状で管理人が思ったのは、「マンコに精液ぶっかけしていれば間違いない!」ということです。その思いつきが東京熱との出会いでした。ここでは東京熱が真性中出しであることをいくつかのポイントで検証していきたいと思います。

マンコぶっかけ

最も真性であることが分かりやすいのがマンコに精液をぶっかけするシーンです。厳密に言えば中で出していないので中出しとは言えませんが、本物の精液が女優のマンコの中に入るという点においては中出しと言ってもいいでしょう。

東京熱ではマンコにぶっかけるだけでなく、ちゃんと精液を中に指や射精後・射精中にチンポで押し込んでいるのもポイントです。

半中半外

真性中出しと分かりやすく言えるのはやはり「半中半外」でしょう。「半中半外」とは射精時に最初だけ外で出し、そのままもう一度チンポを挿入して、マンコの中で射精するという演出です。半分中に出し、半分外に出すことが「半中半外」のネーミングの由来です。

マンコぶっかけと違い、通常のセックスの流れから射精するので、女優のリアクションも楽しめ、リアルな中出しシーンを楽しめます。東京熱ではほとんどの作品で半中半外の演出を取り入れており、このことからも真性中出しであると言えるでしょう。

半中半外で有名なのが「毛豚(正式には今井勇太)」という男優です。見た目は気持ち悪いデブですが、常人離れした射精量を誇り、豪快な半中半外を決めてくれます。射精量が少ないと必然的にマンコの中で射精される精液の量も少なくなり、チンポを抜いた後のマンコから精液が溢れ出すというシーンを演出しにくくなりますが、毛豚の射精量なら上記キャプチャの通り、半中半外でもたっぷり中に精液を注ぎこんでくれます。

このページの先頭に戻る