東京熱データベース

現在のページ:東京熱データベースTOP > 東京熱情報 > 動画形式の比較

動画形式の比較

東京熱(TOKYO HOT)」の動画をコレクションする方向けに各種動画形式の画質と容量の比較を紹介します。

動画の種類

リニューアルした「東京熱(TOKYO HOT)」では下記3種類の動画を配信しています。

  • FHD動画(WMV形式のFull-HD画質)
  • FHD画質(解像度1920x1080)のWMV形式の動画。WMV形式はWindows標準の動画形式でありWindowsであればどのバージョンでも標準で再生可能です。ただし、MacやiPhoneでは再生できません。(Macではプラグインや動画再生ソフトをインストールすることで再生可能です。)

  • WMV動画(WMV形式のHD画質)
  • HD画質(解像度1280x720)のWMV形式の動画。WMV形式はWindows標準の動画形式でありWindowsであればどのバージョンでも標準で再生可能です。ただし、MacやiPhoneでは再生できません。(Macではプラグインや動画再生ソフトをインストールすることで再生可能です。

  • MP4動画
  • HD画質(解像度1280x720)のMP4形式の動画。MP4形式はMac標準の動画形式でありMacであればどのバージョンでも標準で再生可能です。iPhoneでもそのまま再生可能です。Windowsでもプラグインや動画再生ソフトをインストールすることで再生可能です。

まとめ

様々な環境で再生したい場合はMP4形式が最適ということになります。ただし、FHD動画をMP4動画に変換することも出来ますので、用途に応じて変換すればそれほど不便することはないでしょう。なお、古いパソコンを使っている場合はFHD動画の再生にパソコンの性能が付いてこない場合もあります。

画質の比較

各動画形式の画質比較は下記の通りです。各動画をFullHD(解像度1920x1080)のディスプレイで全画面表示したときのスクリーンショットを比較しています。(エンコーダーの違いや再生支援機能の有無によりお使いのパソコンにより若干の誤差は生じます。)

FHD動画

最も容量が大きいだけあって文句なしに高画質です。画面のザラザラ感ものっぺり感もほとんど感じられません。

WMV動画

全体的に画面がぼけてしまい、のっぺり感が出てしまっています。

MP4動画

全体的にシャープ化されているせいか、のっぺり感はないものの全体的にザラザラ感が出てしまっています。

まとめ

やはり画質が追求するなら断然FHD動画が綺麗と言えます。WMV動画とMP4動画では好みによって、どちらが良いか分かれるところですが、いずれも容量なりの画質と言えるでしょう。

ハードディスク容量にどれくらい違いが出てくるのか?

以降はFHD動画とMP4動画に絞って比較を行っていきます。

FHD動画で6.0GBの動画の場合だと、MP4動画では3.3GB程度になります。(MP4動画はFHD動画のおよそ55%程度の容量です。)

FHD動画での配信が始まったのは品番n0766以降の作品ですので、2014年4月末時点で181本の動画があります。これらをFHD動画とMP4動画それぞれでダウンロードした場合の容量は下記の通りです。ざっくりと500GB程度、2倍弱の違いがあります。

 FHD動画の場合:926.24GB

 MP4動画の場合:524.21GB

ちなみにMP4動画形式で2014年4月末時点の全動画(チーム木村含む)をコンプリートした場合の容量は3,639.84GBですので、合計の容量から見ると500GB程度の違いは誤差のようにも見えますね。。

更に予断になりますが、東京熱には動画以外にもJPG写真やスライドショーといったコンテンツがあり、これらを含めると必要になるハードディスク容量は6,000GB(6TB)程度となり、この容量から見ると500GBの差はほんとに誤差ですね。

オススメ動画形式は?

  • FHD動画
  • 容量は最も大きくなりますが、最も画質が良いのがFHD動画です。お使いのパソコンのディスプレイやテレビの解像度がFullHDの場合はFHD動画をオススメします。ただし、解像度がFullHDだからと言っても画面サイズが24インチ未満だとあまり画質の綺麗さを実感できないでしょう。

    ただ、今後もディスプレイ・テレビの高解像度化・大型化は進んでいるので、これからコレクションを始める方は断然FullHDをオススメします。FHD動画の方が容量は大きいですが、後から「FullHDにしておけばよかった」という後悔をせずに済みます。

  • WMV動画
  • 画質はMP4動画と同程度ですが、MP4動画の方が様々な環境で再生できるので、あえてWMV動画を選択する必要はないでしょう。容量を気にする場合はMP4動画の方が断然オススメです。(WMV動画にするメリットは皆無です。)

  • MP4動画
  • 画質はWMV動画と同程度で、FHD動画よりもやや劣ります。ハードディスクの容量に余裕のない方や様々な環境で再生したい方はMP4動画を選択すると良いでしょう。


なお、管理人は最初はWMV動画で収集を始めて、後からFHD動画を収集し直したパターンです。。特に気に入った動画の場合は「もっと良い画質で見たい」と思うので後から後悔するパターンが多々ありました。。

結論

再生環境・画質・容量で比較すると下記の関係になります。

 再生環境:MP4動画 > WMV動画 ≧ FHD動画

 画質:FHD動画 > MP4動画 ≒ WMV動画

 容量:FHD動画 > MP4動画 ≒ WMV動画

何に重きを置くかで変わってきますが、管理人の私見としては「大は小を兼ねる!FHD動画を選ぶべし!」と結論付けたいと思います。再生環境だけはFHD動画がMP4に劣りますが、iPhoneなどに入れる場合はiPhone用に変換すれば良いだけですのでそれほど不便を感じません。

このページの先頭に戻る